よくいただく質問集

ホーム>港湾局のご案内>よくいただく質問集>東京港臨海トンネル

東京港臨海トンネル

    Q1.オートバイの通行は可能か。

    A1.

    原動機付自転車(原付オートバイ・50cc以下)は通行できません。排気量51ccより通行できます。

    Q2.なぜ、原動機付自転車(原付オートバイ)の通行はできないのか。

    A2.

    臨海トンネルは、「原動機付自転車の通行禁止」(東京都公安委員会)となっているため、原付バイクの通行はできません。

    Q3.オートバイの2人乗りのは通行可能か。

    A3.

    通行可能です。

    Q4.臨海トンネルを歩いて渡ることや自転車通行ができないのか。

    A4.

    歩行者や自転車が通行するための通行帯の整備をしていないため、通行できません。

    Q5.臨海トンネルは何車線あり、総延長何メートルか。

    A5.

    片側2車線の計4車線。海底部分の総延長は1,328メートルで、陸上部分を含めると約3.1キロメートルあります。

    Q6.事故などの監視体制は。

    A6.

    トンネル内に監視カメラを設置し、中央監視センターで24時間監視しております。
    お問合せ先:東京港管理事務所港湾道路管理課設備担当:電話03-5463-0226

    Q7.臨海トンネルを通行禁止となる車両はあるか。

    A7.

    東京都港湾管理条例第15条に基づき、別表2に掲げる爆発性又は易燃性を有する物件その他の危険物の積載車量及び別表3に掲げる危険物の積載車両で道標に車両の種類ごとに規定する要件を満たしていないものは、通行できません。
    ただし、各トンネル通行の目的等により通行方法や通行時間の条件を付して通行を許可する場合もあります。
    お問合せ先:東京港管理事務所港湾道路管理課監察占用担当 電話:03-5463-0224

よくいただく質問集一覧へ戻る