港湾局のご案内

ホーム > 港湾局のご案内> 計画・答申> 東京都の海岸保全基本計画> 東京湾沿岸海岸保全基本計画> 海岸保全施設の整備計画> 中央地区

中央地区

地区特性

本地区は、低層高密度の住宅地が多く、高潮の脅威にさらされている地区です。

北部にはリバーシティ21が建設され、住宅、商業、工業などが調和した複合市街地が水際にいたるまで形成されています。内陸部においても月島・勝どきでは密集した住宅地が多く、晴海では、高層ビルなど複合的な土地利用が水際までおよんでいるため、自然空間、親水空間が少なくなっています。

整備事項

  • 内部護岸の新設
  • 防潮堤、内部護岸、水門、排水機場の老朽化・耐震対策
  • 海岸保全施設の適正な機能維持

配慮事項

  • 生物の生息環境への配慮
  • 水際の緑化への配慮
  • 遊歩道の開放および連続化
  • バリアフリー化の推進
  • 運河利用や水域利用者への配慮
  • 水門、排水機場の設備の機能更新

未整備箇所の状況

[次の地区]にすすむ

[各地区の整備計画]にもどる