港湾局のご案内

ホーム > 港湾局のご案内> 計画・答申> 東京都の海岸保全基本計画> 東京湾沿岸海岸保全基本計画> 海岸保全施設の整備計画> 港南地区・大井、昭和島、京浜島

港南地区・大井、昭和島、京浜島

地区特性

大井・昭和島・京浜島では、比較的地盤が高いものの、既存護岸の築造年数が古く、老朽化が進んでいます。
 京浜運河の緑道公園から、昭和島、京浜島、城南島の公園と水際の緑帯が続いており、良好な自然空間、親水空間を形成しています。また、城南大橋付近の干潟は多様な生物の生息環境となっています。

整備事項

  • 防潮堤の新設
  • 海岸保全施設の適正な機能維持

配慮事項

  • 生物の生息環境への配慮
  • 水際の緑化への配慮
  • 遊歩道の開放および連続化
  • バリアフリー化の推進
  • 運河利用への配慮

未整備箇所

の状況

[次の地区]にすすむ

[各地区の整備計画]にもどる