港湾局のご案内

ホーム > 港湾局のご案内> 計画・答申> 東京都の海岸保全基本計画> 東京湾沿岸海岸保全基本計画> 海岸保全施設の整備計画> 各整備パターンのイメージ

各整備パターンのイメージ

防護・環境・利用の調和した整備イメージ

運河幅が広く、背後へのアクセスが期待できることから、防護・環境・利用の調和した整備を目指します。

防護にあわせて環境に配慮した整備イメージ

土地利用の状況より、背後からのアクセスの確保が困難であることから、防護にあわせて環境に配慮した整備を目指します。

  

防護にあわせて利用に配慮した整備イメージ

背後へのアクセスが期待できることから、防護にあわせて利用に配慮した整備を目指します。

防護機能の確保に主眼をおいた整備イメージ

運河幅が狭く、背後へのアクセスが困難であることから、主として防護機能の確保を目指します。

水際

陸上

[整備パターンの区分]にもどる