港湾局のご案内

ホーム > 港湾局のご案内> 計画・答申> 臨海副都心まちづくり推進計画> 第三部 <2>国際貿易ビジネスゾーンの形成

第三部 <2>国際貿易ビジネスゾーンの形成

第三部 世界に開かれた活力と交流のまち
<1>新しい時代を担う産業の育成 <2>国際貿易ビジネスゾーンの形成 <3>国際的な人と文化の交流 <4>未来型情報モデル都市 <5>にぎわいをいかした新たな都市文化の創造
まちづくり推進計画目次に戻る
世界に開かれた活力と交流のまち
国際貿易ビジネスゾーンの形成
 グローバル化・ボーダレス化する世界経済に対応して、東京の国際貿易ビジネスの振興をめざし、国際貿易ビジネスゾーンの形成を図る。このため、臨海副都心に集積した業務・商業施設と隣接する国際港湾物流施設とを積極的に結びつけ、総合保税地域制度を導入するとともに、都の産業・貿易関連施策等を効果的に展開することにより、貿易関連ビジネスの立地を誘導する。
 さらに、将来的には、経済活動の規制緩和の進展を視野に入れ、臨海副都心及びその隣接地域において、より自由な貿易や産業活動が行われ東京の経済活力を牽引する新たな国際貿易ビジネスゾーンの形成を検討する。
 施策の展開にあたっては、都民生活の向上など生活者の視点も踏まえていく。

このページに関するお問合せは以下まで

臨海開発部開発企画課

電話番号:03-5320-5566

FAX番号:03-5388-1577