災害・事故情報

ホーム > 東日本大震災に伴う港湾局からのお知らせ > 東京港内の放射線・放射能測定結果

東京港内の放射線・放射能測定結果

2017年11月9日 13:00更新

 福島第一原子力発電所の事故に伴う風評被害対策として、当分の間、東京港埠頭株式会社と連携して東京港の各コンテナふ頭の大気中の放射線量、東京港の海水中の放射能、コンテナ表面の放射線量を測定し、測定結果を掲載します。なお、放射線量等の数値が安定していることから、2017年4月より隔週の測定とします。 

・2011年4月14日~2011年5月8日

大気(毎週月曜日と木曜日)、海水(平日の毎日)

・2011年5月9日~2013年3月31日

大気・海水・コンテナ表面(平日の毎日)

・2013年4月1日~2014年3月31日

大気・海水・コンテナ表面(毎週月曜日と木曜日)

・2014年4月1日~2017年3月31日

大気・海水・コンテナ表面(原則、毎週木曜日)

・2017年4月1日~

大気・海水・コンテナ表面(原則、隔週木曜日)

※ 祝日等を除く

  京浜港が連携している仙台塩釜港につきましては、2011年3月の震災により大きな被害を受けましたが、コンテナ船が寄港を再開するなど急速に復旧が進んでいます。
  なお、仙台塩釜港・石巻港の測定結果〔宮城県ホームページ〕はこちら

モニタリング地点

モニタリング地点
・本測定は、大気中及びコンテナ表面の放射線量測定については一般社団法人日本海事検定協会、海水中の放射能測定については首都大学東京の協力により実施しています。
・大気中の放射線量については、地表面上約1.5m(2011年5月5日までは地表面上約1m)にてシンチレーション式サーベイメータで測定しています。

測 定 結 果

【参考】

放射性物質が放射線を出す能力(放射能の強さ)を表す単位を「ベクレル(Bq)」といい、人体が受けた放射線による影響の度合いを表す単位を「シーベルト(Sv)」といいます。(東京都環境局ホームページ)

自然界から受ける1人当たりの年間放射線量の日本平均は約2.1ミリシーベルトと言われています。(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所ホームページ)

1 大気中の放射線量

・各コンテナふ頭のほぼ中央のゲート前で大気中の放射線量を測定し、得られた最大値・最小値の平均値を記載。

(単位:μSv/h)

※ なお、環境省では、除染対象となる地域を定める要件を、毎時0.23マイクロシーベルト以上の地域としています。(東京都環境局ホームページ

区 分 ①大 井②青 海③品 川④中防内側 備 考
11月9日(木) 0.05 0.03 0.05 0.05
10月26日(木) 0.05 0.05 0.05 0.04
10月12日(木) 0.04 0.04 0.04 0.04
9月28日(木) 0.05 0.05 0.05 0.05
9月14日(木) 0.05 0.05 0.04 0.04
8月31日(木) 0.05 0.04 0.04 0.04
8月17日(木) 0.04 0.04 0.03 0.04
8月3日(木) 0.05 0.04 0.05 0.04
7月20日(木) 0.05 0.05 0.05 0.04
7月6日(木) 0.05 0.05 0.05 0.04

2016年の測定結果(既報分)はこちら

2015年の測定結果(既報分)はこちら

2014年の測定結果(既報分)はこちら

2013年の測定結果(既報分)はこちら

2012年の測定結果(既報分)はこちら

2011年の測定結果(既報分)はこちら

2 海水中(表層)の放射能

・大井コンテナふ頭と青海コンテナふ頭の中間地点⑤で午前中に採取した海水中の放射能の測定結果を記載。
・検出限界以下は不検出と表示。

(単位:Bq/L)

※ なお、厚生労働省では、食品中の放射性セシウムの基準値を、飲料水は10ベクレル/kg、一般食品は100ベクレル/kgを上限として設定しています。(厚生労働省ホームページ

区 分 ヨウ素131セシウム134 セシウム137備 考
11月9日(木) 不検出 不検出 不検出
10月26日(木) 不検出 不検出 不検出
10月12日(木) 不検出 不検出 不検出
9月28日(木) 不検出 不検出 不検出
9月14日(木) 不検出 不検出 不検出
8月31日(木) 不検出 不検出 不検出
8月17日(木) 不検出 不検出 不検出
8月3日(木) 不検出 不検出 不検出
7月20日(木) 不検出 不検出 不検出
7月6日(木) 不検出 不検出 不検出

2016年の測定結果(既報分)はこちら

2015年の測定結果(既報分)はこちら

2014年の測定結果(既報分)はこちら

2013年の測定結果(既報分)はこちら

2012年の測定結果(既報分)はこちら

2011年の測定結果(既報分)はこちら

3 コンテナ表面の放射線量

・各コンテナふ頭のゲート前でサンプリングしたコンテナの表面の放射線量を測定し、各コンテナふ頭ごとにサンプル数、測定結果の最大値、最小値、平均値を記載。
・除染基準値は大気中の放射線量の3倍以上、通報基準値は5μSv/h以上。

(単位:個,μSv/h)

区 分 ①大 井 ②青 海 ③品 川 ④中防内側
11月9日(木) サンプル数 27 13 2 7
最大値 0.05 0.04 0.03 0.04
最小値 0.01 0.01 0.02 0.02
平均値 0.03 0.03 0.03 0.03
除染必要数 0 0 0 0
10月26日(木) サンプル数 35 16 3 7
最大値 0.05 0.04 0.04 0.04
最小値 0.02 0.02 0.03 0.03
平均値 0.03 0.03 0.04 0.04
除染必要数 0 0 0 0
10月12日(木) サンプル数 25 14 4 6
最大値 0.04 0.04 0.04 0.04
最小値 0.03 0.02 0.03 0.03
平均値 0.03 0.03 0.04 0.03
除染必要数 0 0 0 0
9月28日(木) サンプル数 35 16 8 7
最大値 0.05 0.1 0.05 0.04
最小値 0.02 0.02 0.02 0.03
平均値 0.04 0.03 0.03 0.04
除染必要数 0 0 0 0
9月14日(木) サンプル数 27 19 2 7
最大値 0.05 0.05 0.04 0.03
最小値 0.02 0.02 0.02 0.02
平均値 0.03 0.03 0.03 0.03
除染必要数 0 0 0 0
8月31日(木) サンプル数 26 13 5 7
最大値 0.05 0.04 0.05 0.04
最小値 0.01 0.01 0.02 0.02
平均値 0.03 0.02 0.03 0.03
除染必要数 0 0 0 0
8月17日(木) サンプル数 21 9 0 6
最大値 0.04 0.04 0.04
最小値 0.03 0.03 0.03
平均値 0.03 0.03 0.04
除染必要数 0 0 0
8月3日(木) サンプル数 27 16 3 7
最大値 0.04 0.03 0.03 0.04
最小値 0.01 0.01 0.02 0.02
平均値 0.03 0.02 0.03 0.03
除染必要数 0 0 0 0
7月20日(木) サンプル数 30 14 5 7
最大値 0.05 0.04 0.04 0.05
最小値 0.02 0.02 0.03 0.02
平均値 0.03 0.03 0.04 0.04
除染必要数 0 0 0 0
7月6日(木) サンプル数 25 15 7 7
最大値 0.05 0.04 0.04 0.04
最小値 0.02 0.02 0.02 0.02
平均値 0.03 0.03 0.03 0.03
除染必要数 0 0 0 0

2016年の測定結果(既報分)はこちら

2015年の測定結果(既報分)はこちら

2014年の測定結果(既報分)はこちら

2013年の測定結果(既報分)はこちら

2012年の測定結果(既報分)はこちら

2011年の測定結果(既報分)はこちら

4 その他

・東京港では、2011年8月19日の労使合意に基づき、内貿貨物である中古自動車・中古建設機械についても放射線を測定しています。

このページに関するお問合せは以下まで

港湾経営部経営課港湾保安対策担当

電話番号:03-5320-5554