観光レジャー

ホーム > 観光レジャー> 運河ルネサンス> 運河ルネサンスの概要

運河ルネサンスの概要

 運河ルネサンスとは、東京の水辺の魅力の向上や観光振興に資するため、運河などの水域利用とその周辺におけるまちづくりが一体となり、地域の賑わいや魅力を創出することを目的とした地元が主体となった取組みです。
 地域の町会、商店会、企業などの民間事業者、NPOなどの団体が集まり、運河の活用方法、運河を利用したイベント、運河上に設置したい観光桟橋や水上レストラン等の施設について話し合う地域協議会を設立し、進めていきます。
 東京都は、その取組を推進するために、規制の緩和などの支援を行っていきます。

運河ルネサンスの目標
 ・観光振興に資する賑わいの創出
 ・新たな運河利用の発掘など、水辺の魅力向上
 ・運河周辺地域の活性化

運河ルネサンスの推進方針
 ・地域の特性を活かし、背後のまちづくりと一体となった運河の活用及び整備を推進
    する。
 ・地元区、住民、企業、NPOなど、地域と連携を図る。
 ・新たなニーズに適応した水域占用などの規制緩和を行う。
 ・護岸や周辺建築物などの緑化、遊歩道の整備、水質浄化、良好な水辺景観などを
    創造する。
 ・運河の新たな魅力を広くPRする。

このページに関するお問合せは以下まで

港湾整備部計画課環境計画担当

電話番号:03-5320-5613