観光レジャー

ホーム > 観光レジャー> 運河ルネサンス> 運河ルネサンスの進め方

運河ルネサンスの進め方

ステップ1 協議会の設置
 運河などの水域を含む一定の区域において、地域の町会、商店会、民間事業者、NPO団体などの団体が集まり、運河を活用したまちづくり、賑わいや魅力など創出のための施設の設置、イベントの実施など取組みを話し合う協議会を設置します。
 協議会を設置するときは、関係する区に相談し、メンバーや基本的なまちづくりの考え方などについて、適切なアドバイスを受けてください。

ステップ2 協議会の登録
 運河ルネサンスに取り組む協議会として東京都に申請します。東京都は、協議会の活動内容が賑わいや魅力など創出に資するものであると認める場合、運河ルネサンス地域協議会として登録します。

ステップ3 「運河ルネサンス計画」の作成
 地域の賑わいや魅力などを創出するため、運河を活用してどのようなまちにしたいのかなど、運河をどのように利用していきたいのか、運河に面してどのような活動を行いたいのかなど、運河ルネサンスの目標と取組をまとめた計画書「運河ルネサンス計画」を作成します。
 東京都や地元区は、その計画書の内容に基づいて、水域占用許可の規制緩和、技術的支援など、その地域にあった協力体制を検討していきます。

ステップ4 事業の推進
 「運河ルネサンス計画」に基づき、観光桟橋や水上レストランなど施設の設置、運河まつり、運河クルーズなど、イベントの開催、個別の事業を推進してください。


運河ルネサンスによる取組事例
運河ルネサンスによる取組事例                                                                   


要綱など
 ・運河ルネサンスの推進方針について
 ・運河ルネサンスガイドライン(実施要綱)
 ・運河ルネサンスガイドライン実施細目

このページに関するお問合せは以下まで

港湾整備部計画課環境計画担当

電話番号:03-5320-5613