東京都の離島・空港

ホーム > 東京都の離島・空港> 都営空港> 調布飛行場> 調布飛行場の概要

調布飛行場の概要

◆施設概要

項目 併用施設
種別  陸上空帯 その他の空港
設置管理者   東京都
位置  東京都調布市西町290番3
標点の位置  北緯35° 40' 18" 東経139° 31' 41" 標高42.30m 
告示面積  389,546㎡
着陸帯  920m×60m
滑走路  800m×30m
誘導路  92m×18m
エプロン  107,380㎡
航空灯火  進入角指示灯、滑走路末端識別灯
運用時間  平日8:30~17:00 日祭日10:00~17:00



◆飛行場の沿革

昭和16年4月 東京府が公共飛行場として開設
昭和20年9月 米軍が接収し、調布水耕農園および補助飛行場として使用
昭和29年8月 飛行場の日米共同使用が認められる。
昭和48年3月 飛行場地区全面返還(昭和30年に一部、昭和47年に大部分変換)
昭和54年3月 調布~新島間運航開始
昭和59年12月 調布~大島間運行開始
平成4年7月 都が国から調布飛行場の管理を引き継ぐ 調布~神津島間運行開始
平成10年12月25日  飛行場設置許可
平成13年3月31日 正式飛行場(都営コミューター空港)として供用開始
平成18年4月1日 東京都による情報提供業務を開始
平成25年4月2日 ターミナルビル供用開始
平成25年6月18日 離島航空路線に計器飛行方式導入
平成26年4月2日 調布~三宅島間運航開始





東京都営空港のページに戻る  調布飛行場のページに戻る

このページに関するお問合せは以下まで

離島港湾部管理課空港管理担当

電話番号:03-5320-5654