報道発表トピックス

ホーム>報道発表トピックス>政策情報>海の森の森づくり ~経過報告~

海の森の森づくり ~経過報告~

平成25年1月21日更新

【現在の森の姿】

 海の森では、様々な植物・動物が息づく自然環境の再生を目指し、都民・企業・NPOなどの方々との協働により植樹を行い、森づくりを進めています。

 平成20年度からは、都民の方々による植樹を年2回実施し、これまでに20haに苗木を植樹しました。平成20年度の植樹地は、植樹後4年が経過し、大人の背丈ほどに成長しました。


    平成20年4月                 平成24年9月

【これからの海の森】

 4年前の植樹地は、ゴミの埋立地でかつ強い海風が吹きつける厳しい環境であっても、植えた苗木が成長し、様々な動植物が息づく豊かな森となるよう、今後も継続して見守って生きたいと考えています。

【最近のトピックス】

 平成24年9月29日から10月28日までの30日間、第29回全国都市緑化フェアTOKYOのメイン会場の 一つとして、例年実施している植樹や特別公開のほか、4つのツアー企画や「海の森あおぞら工房」などを新たに実施しました。
 詳細はこちらをご覧下さい。

都庁トップ | 港湾局トップ | 各局の重要なお知らせ

このページに関するお問合せは以下まで

臨海開発部海上公園課管理係

電話番号:03-5320-5576

E-mail:S0000521(at)section.metro.tokyo.jp