東京港のご紹介

ホーム > 東京港のご紹介> 20代若手職員による東京港・臨海副都心等の「見える化」プロジェクトチーム(PT)

20代若手職員による東京港・臨海副都心等の「見える化」プロジェクトチーム(PT)

○平成28年12月16日(金)

外国人向け乗船会「東京港冬のイブニングツアー」の案内を行いました。

外国人の方にも東京港に親しんでもらうために、12月10日(土)に「東京港冬のイブニングツアー」を開催しました。

通常は夕方から夜にかけて運航しない新東京丸ですが、今回の乗船会では夕方の時間帯に新東京丸に乗船してサンセットクルーズを楽しんで頂きました。35名の方にご参加いただき、船内では、「見える化」PTのメンバーが日本語、武蔵野大学の通訳スタッフが英語、中国語、韓国語で東京港を案内いたしました。

イベント終了後は「お台場レインボー花火」も実施され、参加された外国人の方からは「東京港について学ぶことができた」「東京のサンセットや夜景が綺麗だった」といった感想をいただきました。


 ○平成28年12月6日(火)

B-1グランプリin臨海副都心にブースを出展しました。

12月3日(土)、4日(日)の2日間に、臨海副都心において、B-1グランプリが開催されました。

それに合わせ、シンボルプロムナード公園セントラル広場において、東京都港湾局ブースを設置しました。ご案内は「見える化」PTの職員と、臨海開発部誘致促進課の職員が行いました。

ブースには東京港を開港してからの75年の歴史を紹介するパネルを設置するほか、港湾局グッズを配布し、多くのお客様でにぎわいました。

また付近に東京都水の科学館があることに関連し、東京都水道局のイメージキャラクターである水滴くん、水玉ちゃんの着ぐるみを着て、来場者の方々と触れ合いました。

○平成28年12月2日(金)

夜景鑑賞ツアーの案内を務めました。

11月22日(火)、午後6時30分から、「東京港夜景観賞ツアー」を開催しました。この企画は、東京都港湾振興協会と港湾局共催のイベントで、東京港の夜景を海上から観賞していただき、東京港の魅力を広く都民にPRするとともに、さらなる発展を目指す東京港の取組について理解を深めていただくことを目的としています。

夜景観賞ツアーの参加者を、広報東京都や港湾局公式SNS等において募集を告知した結果、当選倍率は約40倍であり、東京港への関心の高さと注目度を感じました。

当日は238名の方に参加頂きました。また晴天に恵まれ、絶好の夜景観賞ツアー日和となり、澄んだ夜空に夜景が映え、美しい景色を堪能したツアーでした。

参加者のみなさまは、海から見るガントリークレーン、お台場やレインボーブリッジ、晴海客船ターミナルなど次々と見渡せる美しい夜景に感嘆し、東京港をカメラ等で撮影しながら、各々が満喫した時間を過ごしていました。

また、案内は「見える化」PTのメンバー4名が務めました。下船時には、お客様から「案内が非常に分かりやすかったよ」と直接お声をかけていただくなど、充実したご案内を行うことができました。


○平成28年11月30日(水)

花と緑のフラワーフェスタへ参加しました。

平成28年11月18日(金)に、東京臨海副都心まちづくり協議会主催の「花と緑のフラワーフェスタ」に参加してまいりました。

花と緑のフラワーフェスタは、武蔵野大学学生200名と臨海副都心まちづくり協議会会員企業の参加者100名により、シンボルプロムナード公園「セントラル広場」に17万本のチューリップの球根を植えるという環境促進事業です

参加者の学生は1年生が多く、キャンパスが三鷹キャンパスであるため「臨海副都心に来ることで臨海副都心エリアを知るよい機会です。」という意見や、会員企業の方からは「このような取組で臨海副都心の魅力を向上し観光客の方を増加させたい。」といった意見をいただくことができました。また観光客の海外の方から「何の花を植えているの。綺麗に咲いた頃にまた来たい。」という言葉をいただくことができました。

このような東京港の魅力向上のための事業の取り組みを行っていければと感じることができました。

 ちなみに、3月中旬から4月下旬まで色とりどりのチューリップを楽しめるようです。その時期に皆様シンボルプロムナード公園「セントラル広場」を観光してみてはどうでしょうか。

(写真紹介:左上=作業を行うPTメンバー、右上=満開になったチューリップ(今年4月)、下=参加者の集合写真)

○平成28年11月18日(金)

運河クルーズの案内を行いました。

11月4日(金)に、東京商工会議所の会員の皆様19名を招待し、第二高潮対策センター視察会及び運河クルーズを実施いたしました。

そのうち運河クルーズでは、水上タクシー2隻、港湾局の指揮艇2隻、計4隻に、PTメンバーがそれぞれ1名ずつ乗り、案内役を務めました。

各PTメンバーは、運河ルネサンスの取組や、水門に関する説明を行いました。

また当日は天気にも恵まれたため、時折船外に出て景色を楽しみながら、各船にて充実した視察が行われました。

参加者のみなさまからは「普段あまり見ることがない運河沿いの景色を、海上から見ることができて有意義な視察だった」、「説明が分かりやすかった」など、好意的なご意見を数多くいただきました。


 
○平成28年11月14日(月)

都政新報に「見える化」PTの活動が掲載されました。

東京都や東京都下の区市町村向けの専門紙である都政新報の1面(11月1日(火)付)に、「見える化」PTが武蔵野大学に訪問をした様子が取り上げられました。

記事の中では、若手職員の活用に取り組んでいる局の1つとして港湾局が紹介されました。

引き続き、「見える化」PTの活動を精力的に行ってまいります。


※掲載につきましては、都政新報の許可を得ております。

 

○平成28年11月10日(木)

武蔵野大学有明キャンパスを訪問しました。

10月26日(水)に、武蔵野大学有明キャンパスを訪問しました。

武蔵野大学には、企画乗船会の案内などで学生ボランティアを派遣いただくなど、当局の広報活動に協力して頂いております。

打ち合わせでは、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたボランティアセンターの設置など、武蔵野大学の注力事業について担当者から話を伺いました。

また、臨海副都心にキャンパスを構えていることに関するメリット・デメリットについてお聞きしたところ、

有明は非常に安全性の高い技術で埋め立てられた地域であるにも関わらず、臨海部にあるというだけで、地震や津波など、災害に弱いまちというイメージを持たれてしまうので、ぜひそのイメージを払拭して頂きたい」

といったご意見がありました。

東京港における'物流'や'観光'の働きと合わせて、'防災'の側面についても広報活動を強化していく必要があることを、改めて「見える化」PTの課題として共有しました。


 

○平成28年10月21日(金)

()日本海事新聞の本社を訪問しました。

10月18日(火)に、港区新橋の日本海事新聞本社を訪問しました。

まずPTメンバーの代表から、東京港・臨海副都心等の「見える化」事業やPTの概要紹介、また11月22日(火)に開催される東京港夜景観賞ツアーの宣伝などを行いました。

その後、日本海事新聞社の編集局取材部の方から、海運・物流分野を取材対象とする同新聞社の歴史や専門紙・一般紙の違いなどについてご説明いただきました。

さらには、東京港がコンテナ取扱量日本一になるまでの歩みや、重要な公共インフラとしての港湾の重要性や管理の特性などお話いただき、PTメンバーとの間で質疑応答が行われました。

今回はじめて、PTの活動として新聞社訪問を行いましたが、今後も様々な場所を訪問して参ります。随時ご報告いたします。


 

○平成28年10月20日(木)

「見える化」PTが東京港夜景観賞ツアーの案内を行います。

11月22日(火)に、毎年ご好評いただいている東京港夜景観賞ツアーを開催します。

オレンジ色に染まる巨大なガントリークレーンやライトアップされたレインボーブリッジなど、間近に見る機会の少ない東京港の夜景を、海上からご観賞いただくツアーです。

今年度はこのツアーの案内役を、「見える化」PTのメンバー4名が務めます。是非ご期待ください。

みなさまのご応募を引き続きお待ちしております。

応募方法など、詳細はこちらをご確認ください。

○平成28年10月19日(水)

「見える化」PTについてのご紹介

東京港は、都民の暮らしはもとより、首都圏4000万人の生活と産業活動を支える社会インフラとして、重要な役割を担っています。しかしながら、都民の皆さまにとっては港を身近に感じられない方も多く、一人でも多くの方々に東京港への理解を深めていただくことが課題だと考えています。

また東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、世界中が東京に注目する機会を捉え、海外での東京港や臨海副都心の知名度を高めていく必要があります

これらの課題を解決するために、東京都港湾局は東京港・臨海副都心等の「見える化」事業を進めていきます。

当事業では、パブリシティ効果を狙ったメディアへの発信の増加、局内外との多様な連携を通して、都民の皆さまや、外国人をはじめとした様々な方への広報活動を強めていくことを目標とします。

また当事業の一環として、平成28年9月29日(木)に、東京港・臨海副都心等の「見える化」プロジェクトチーム(PT)を設置しました。

事務系職員と技術系職員から成る港湾局20代若手職員8名によって構成されたこのPTでは、東京港・臨海副都心等の広報する媒体や手法の開発、企画乗船会などのイベントでの案内業務などの活動を行っていきます。

当ページでは、PTの活動状況を随時更新してまいります。ぜひご覧ください。

このページに関するお問合せは以下まで

総務部総務課広報・国際担当

電話番号:03-5320-5524