東京港のご紹介

ホーム > 東京港のご紹介> キッズページ> よくわかる東京港の役割> 東京港(とうきょうこう)の2つの顔(かお)

東京港(とうきょうこう)の2つの顔(かお)

東京港(とうきょうこう)は、2つの(おお)きな機能(きのう)(にな)っています。

港湾機能(こうわんきのう)(もの)(ひと)(はこ)ぶ)

 東京港(とうきょうこう)は、(ひろ)消費地(しょうひち)()海上輸送(かいじょうゆそう)一大拠点(いちだいきょてん)です。

写真:空から見る東京港の様子写真:運搬船からコンテナがトラックに積まれて運び出される様子

  • 岸壁(がんぺき)などの港湾施設(こうわんしせつ)
  • 倉庫(そうこ)流通(りゅうつう)センター
  • 臨港道路(りんこうどうろ)
  • 客船(きゃくせん)ターミナル

都市機能(としきのう)(まちをつくる)

 東京港(とうきょうこう)(ひろ)がる埋立地(うめたてち)利用(りよう)して、うるおいとゆとりのある東京(とうきょう)(まち)づくりを(すす)めています。

  • スポーツ・レクリエーション施設(しせつ)
  • 発電所(はつでんしょ)清掃工場(せいそうこうじょう)など
  • 住宅(じゅうたく)
  • 公園(こうえん)
  • オフィス

 東京港(とうきょうこう)は、この2つの(おお)きな目的(もくてき)のために、必要(ひつよう)施設(しせつ)をバランスよく配置(はいち)しています。

都民(とみん)(した)しまれるみなとまちをつくります

このページに関するお問合せは以下まで

総務部総務課広報・国際担当

電話番号:03-5320-5524