東京港のご紹介

ホーム > 東京港のご紹介> キッズページ> よくわかる東京港の役割> コンテナについて

コンテナについて

 世界共通規格(せかいきょうつうきかく)のアルミまたは鉄製(てつせい)丈夫(じょうぶ)四角(しかく)(はこ)、つまり「コンテナ」の登場(とうじょう)で、それまでの(ふね)による輸送(ゆそう)欠点(けってん)一気(いっき)解決(かいけつ)しました。
 すなわち、効率(こうりつ)がわるいこと、費用(ひよう)がかかること、所要時間(しょようじかん)(なが)いこと、雨天時(うてんじ)荷役(にやく)ができないことなどの課題(かだい)解決(かいけつ)し、コンテナという貨物(かもつ)定型化(ていけいか)により、荷役(にやく)機械化(きかいか)全天候(ぜんてんこう)荷役(にやく)可能(かのう)となり、大量(たいりょう)貨物(かもつ)安全(あんぜん)迅速(じんそく)(はこ)ぶことが可能(かのう)となりました。
 コンテナの(おお)きさは、40フィート(約12メートル)と20フィート(約6メートル)の2種類(しゅるい)があります。また、コンテナの種類(しゅるい)としては、通常(つうじょう)使(つか)われる「ドライコンテナ」、水産物(すいさんぶつ)農産物(のうさんぶつ)(はこ)ぶ「冷凍(れいとう)冷蔵(れいぞう)コンテナ」、ワインや石油(せきゆ)薬品(やくひん)などの液体(えきたい)(はこ)ぶ「タンクコンテナ」、材木(ざいもく)などを(はこ)ぶ「フラットラックコンテナ」などがあります。

コンテナの種類(しゅるい)

  • イラスト
    ドライコンテナ(テレビ・カメラなど)
  • イラスト
    冷凍(れいとう)冷蔵(れいぞう)コンテナ(にく)(さかな)野菜(やさい)など)
  • イラスト
    フラットラックコンテナ機材(きざい)鋼材(こうざい)原木(げんぼく)など)
  • イラスト
    タンクコンテナ(ワイン・(あぶら)薬品(やくひん)など)

このページに関するお問合せは以下まで

総務部総務課広報・国際担当

電話番号:03-5320-5524