東京港のご紹介

ホーム > 東京港のご紹介> キッズページ> なるほど!りんかいBOX> 電線(でんせん)はどこへ?臨海副都心(りんかいふくとしん)のまちに隠(かく)された秘密(ひみつ)

電線(でんせん)はどこへ?臨海副都心(りんかいふくとしん)のまちに隠(かく)された秘密(ひみつ)

電線はどこへ?臨海副都心の街の秘密〜隠された未来型の都市基盤

お台場の街の写真■「お台場(だいば)」には電線(でんせん)がない!?

 歩道(ほどう)(ある)いていてふと(そら)を見上げると、いつもの(まち)風景(ふうけい)とちょっと雰囲気(ふんいき)(ちが)います。ここお台場(だいば)には、電柱(でんちゅう)電線(でんせん)がないのです。
 (じつ)臨海副都心(りんかいふくとしん)特色(とくしょく)でもありますが、こうした都市基盤(としきばん)はすべて地面(じめん)の下の地下道(ちかどう)である「共同溝(きょうどうこう)」に入っているのです。これは、都市景観(としけいかん)だけでなく、メンテナンスのつど電柱(でんちゅう)(のぼ)ったり(つち)()(かえ)すなどをしなくても、簡単(かんたん)作業(さぎょう)できるといったメリットがあるのです。

共同溝(きょうどうこう)にはさまざまな都市基盤(としきばん)

 電線(でんせん)のほかにも、上下水道(じょうげすいどう)、ガス、電話線(でんわせん)通信用光(つうしんようひかり)ファイバーなど、都市(とし)生活(せいかつ)必要(ひつよう)となる様々(さまざま)なものが、この共同溝(きょうどうこう)には(はい)っています。その(なか)でも、ちょっと()わったものをご紹介(しょうかい)します。
 まずは「中水道(ちゅうすいどう)」。臨海副都心内(りんかいふくとしんない)下水(げすい)は、下水管(げすいかん)(とお)って地域内(ちいきない)下水処理場(げすいしょりじょう)へと(なが)れます。ここで中間処理(ちゅうかんしょり)された水(中水道(ちゅうすいどう))は、(ふたた)地域内(ちいきない)供給(きょうきゅう)散水(さんすい)(みず)やトイレの(なが)(みず)などに再利用(さいりよう)されています。
 また共同溝(きょうどうこう)には「ゴミ収集管(しゅうしゅうかん)」も(はい)っています。地域内(ちいきない)にある(かく)ビルのゴミ()()清掃工場(せいそうこうじょう)とを(むす)んでいて、一定量(いっていりょう)ゴミがたまると、清掃工場(せいそうこうじょう)からの遠隔操作(えんかくそうさ)で、収集管(しゅうしゅうかん)から掃除機(そうじき)のように()()ることができます。ですから、この(まち)(そと)にはゴミ()()がないのです。さらには、清掃工場(せいそうこうじょう)でゴミを()やしたエネルギーを利用(りよう)して「暖気(だんき)」と「冷気(れいき)」を(つく)()し、(ふたた)共同溝(きょうどうこう)(つう)じてビルの冷暖房(れいだんぼう)利用(りよう)されています。
このように臨海副都心(りんかいふくとしん)は、循環型都市(じゅんかんがたとし)目指(めざ)すまちづくりも(おこな)われているのです。



戻る

このページに関するお問合せは以下まで

総務部総務課広報・国際担当

電話番号:03-5320-5524